2017.04.26

“水と油”コンビ!ホブスとデッカードのリップバトルからの! ファミリーの期待に十二分に応える華麗なアクションに興奮必至の本編映像到着!

”水と油”コンビ!ホブスとデッカード・ショウのリップバトルからのデッカード演じるジェイソン・ステイサムがファミリーの期待に十二分に応える華麗なアクションに興奮必至の本編抜粋映像が到着いたしました!

ベルリンで極秘任務の最中にドミニクの裏切りによって不意打ちを食らい、刑務所へ入れられることになってしまった捜査官のホブス(ドウェイン・ジョンソン)。しかしその刑務所内では、前作でドミニクやチームを容赦なく追いつめた、スゴ腕の元特殊部隊の工作員、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)がじっと脱獄のチャンスを伺っていました。前作で熾烈なバトルを繰り広げた二人ですが、独房は偶然にも隣同士!まさに“水と油”の関係ともいえる二人は、「俺に素手で勝てるのか?」(デッカード)「俺と貴様で一対一の勝負をしたら、そのケツを太鼓のようにたたく」(ホブス)と早速ガラス扉越しにリップバトルを繰り広げます。すると、突然刑務所内にサイレンが鳴り響き、ホブスの独房の扉が自然と開錠!その事態にすぐさまやってきた警察はホブスに詰め寄りますが、警察がホブスに気をつられている隙に、デッカードは警察の所持するスタンガン棒を奪い、自分の独房の扉を開錠!そして、他の犯罪者たちの扉も一斉に開錠させます。そこからは警察対犯罪者たちの圧巻のファイトがスタート!デッカードは次々と警察をなぎ倒していき、一方のホブスもデッカードを逃がすまいと自分の邪魔をする警察を瞬殺!ジェイソン・ステイサムがみせる芸術的ともいえる華麗なアクションに興奮必至!これから待ち受けるであろうホブスとデッカードのファイトシーンに期待高まりまくる映像に仕上がっています。

2473_d053_00472_0480_comp_sub3

本シーンでのホブスとデッカードの異なる戦い方のスタイルについてステイサムが「デッカードとホブスの対照的なスタイルを見てほしい。ドウェインがこうやれば、俺はああやるという感じだ。注目してみてもらえば、スタイルや動きの違いが分かると思う。」とアピールしますが、ドウェイン・ジョンソンは、長年の友人であるジェイソン・ステイサムとの小競り合いのシーンが特に楽しかったようで「ホブスは追う側の立場の人間だし、シリーズに新しい風穴を開けることができて楽しかったよ。『明日に向って撃て!』のブッチとサンダンスのような関係を築いて観客を喜ばせようと考えたんだ」と撮影時を振り返っており、一方のジェイソン・ステイサムもジョンソンに同調し、「デッカードは常に何かを企んでいるから、前作に続いてホブスと対決する機会があるのは素晴らしいことだ。2人の水と油のような緊張感ある関係をドウェインと楽しんで演じることができた」と明かしています。

ホブスとデッカードの関係性について「冗談好きのマッチョな男2人が常にお互いを罵り合うが、絆は生まれていくんだ」とジョンソンが説明するように、敵同士であった二人が手を組みドミニクの奪還に奔走する姿も見所のひとつである本作。二人の絆と圧巻のアクションに是非ご期待ください!